ポーラファルマについて About Pola Pharma

公正な事業慣行

ポーラ・オルビスグループのCSR

CSRレポート

コンプライアンス・プログラム

製薬企業は、市場経済を通じて相互に公正な競争に基づいた営業活動を行うとともに、医療の一端を担う生命関連企業として、高度の倫理性に根ざした生命科学の追求が求められております。「コンプライアンス・プログラム」はコンプライアンスに焦点を当てて、製薬協加盟各社において「役員・従業員が遵守すべき行動規範を作成する上での指針」として活用することを目的として策定しております。

公正なプロモーション活動

医薬品の製造・販売に携わる者として、より高い倫理的自覚のもとに薬機法・独禁法等の関係法規と公正競争規約等の自主規制を遵守します。医療用医薬品のプロモーションを実施する際、当然遵守すべき行動基準として、医療用医薬品プロモーションコードを定め、医薬情報を適正な手段で的確かつ迅速に提供・収集・伝達することに努めます。

透明性に関する指針

研究開発型製薬企業の使命は、新薬の継続的な研究開発と安定的な供給を通して世界の医療と人々の健康に貢献し、「患者参加型医療の実現」に寄与することです。この使命を果たすため、製薬企業は大学等の研究機関・医療機関等と連携協力して、医学・薬学の基礎研究、臨床開発、製造販売後の情報提供・収集活動、安全対策など、多様な活動を行い、医薬品等の提供を通じて国民、患者さんの健康向上に貢献しています。このような活動を行うにあたって、製薬企業と大学等の研究機関・医療機関等との連携は不可欠なものとなっています。
これら医学・薬学の研究、実用化および適正使用の普及に不可欠な産学連携活動は医療機関・医療関係者との契約等に基づき実施されています。その中には、対価としての金銭の支払いが発生する活動もあり、その活動の透明性が重要であることを踏まえ、2011年策定の日本製薬工業協会による「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を受けて、会員会社である弊社におきましても、「企業活動と医療機関等との透明性に関する指針」を定めました。

■2016年度 企業活動と医療機関等への資金提供に関する情報はこちら

また製薬企業は、患者団体との協働について、一般社会から正しい理解を得るために透明性を確保する必要性が増してきました。弊社では「患者団体との協働に関する行動指針 」を策定し、この指針に則った活動を行います。
協働にかかる金銭的支援等については「企業活動と患者団体との透明性に関する指針 」を定め、情報を開示することにより、一層の透明性を確保いたします。
■2016年度における患者団体への開示すべき資金提供はございませんでした。