ポーラファルマについて About Pola Pharma

コミュニティ参画・発展

市民公開講座など

ポーラファルマでは、毎年11月12日の「皮膚の日」前後に各地の皮膚科医会等との共催で「いいひふの日」イベントを行い、一般の方へのスキンケアや皮膚疾患の正しい知識の普及と理解促進を図っています。その中でも静岡県はポーラグループとの縁が深いこともあり、地元新聞社や放送局の後援も受け、今では恒例イベントとなっています。
また、いいひふの日イベントとは別に、皮膚病無料相談&市民公開講座も開催しています。中でも毎年3月に横浜市皮膚科医会と共催している市民公開講座は、2018年で9回目を数えました。
第9回のテーマは「爪」で、関連する講演だけでなく、毎回人気の医師無料相談やポーラファルマの美容スタッフによるハンドトリートメントサービスも行いました。当日は曇り空で風があったにも関わらず112名の市民の方にご参加頂き、終了後のアンケートでは、「爪の重要性を改めて認識した」、「爪の役割・爪水虫・ケアまで分かりやすくよかった」、「爪が気になるので、皮膚科の先生に相談してみたい」などの嬉しい感想を頂きました。

真菌検査セミナー

ポーラファルマでは、皮膚真菌症治療薬及び爪白癬治療薬を販売しており、若手の皮膚科医を中心に、ベテラン皮膚科医の指導を受ける機会として顕微鏡診断の実習を含めた「真菌検査セミナー」を2013年から継続実施しています。皮膚真菌症の治療には、患者様が真菌に感染しているかどうかを診断する必要があり、最も簡便、かつ確実な診断方法が顕微鏡による検査です。しかし、診断にあたっては経験とコツを要するため、教科書での学習は難しく、ベテランの医師より実習を含めたトレーニングで習得する以外の方法はありません。精度の高い検査は、最適な治療方法と治療薬の選択が可能となるため、患者様の治療満足度の向上につながります。
2017年5月~12月にかけて計6回の「真菌検査セミナー」を開催し、58名の皮膚科医師が受講され、大変好評でした。

美肌café活動

ポーラファルマでは、医師として、女性として、いつまでも輝いて活躍していただきたいという思いを込めて、皮膚科女性ドクターのコミュニティをサポートしています。
現在、約1,360名の会員ドクターがおり、会員誌「美肌Café通信」を通じて診療のお役立ち情報、最新美容科学情報、女性のヘルスケア情報などを発信しています。
また、会員ドクターを対象とした「美肌Café講演会」の開催により、ドクター同士のコミュニケーション、ネットワークづくりを支援しています。
2017年は2月18日に大阪、10月24日に東京にて「美肌Café講演会」を開催しました。