採用情報 Recruitment

ホーム > 採用情報 > 社員紹介 > 営業職 2003年入社

社員紹介営業職 2003年入社

「あの患者さん順調みたいですよ」そんな⾔葉が励みになります。 営業推進部中部エリア・ブロック⻑ (2003年⼊社/⼯学部⼯業化学科卒)
img

大切なのは情報収集力とスピード感。

MR(医薬情報担当者)は医療関係者に対して自社医薬品の適正な使用法を周知していくとともに、副作用情報や臨床データなどを収集し、ドクターの方々と共有するのが主な仕事です。私たちに求められるのは、患者様それぞれの症状や背景などできるだけ多種多様な情報を集めるとともに、ドクターからいただいた質問にスピード感をもってお答えすることです。多忙な相手ばかりですので、お声掛けをするタイミングなども気を配りながら信頼関係を深めていけるよう努力しています。患者様と直接向き合う機会はないのですが、ドクターや薬剤師の方から「症状が改善されたよ」「あの患者さん、順調ですよ」など、言葉をいただけると励みになります。

img

プレイングマネージャーとして一層の成長を。

MR活動をして数年経ち神奈川へ転勤しました。そのとき、ポーラ・オルビスグループ横断的な長期の集合研修へ参加する機会を得ました。苦労も多かったですが、意識が変わる大きな転機となりました。その後、本社で営業企画の業務経験を積み、昨年に再び営業現場へMRとして戻りました。現在は中部エリアでブロック長として4人の部下をまとめるとともに、自らも担当を持って活動しています。仕事は増えましたし、マネジメントと個人の業務をどういう割合で進めていこうか悩む時もありますが、時々部下と同行する事があり、ドクターと部下の会話から「彼はドクターから信頼されているな、溶け込んでいるな」という空気が感じ取れることがあるんです。そんな時は自分のことのように嬉しくなりますね。ブロック長となってまだ1年ですが、今後は営業成績で全国に存在感を示せるようになるのが当面の目標です。あわせて部下からも、もちろんドクターからも、より信頼されるプレイングマネージャーとして成長していきたいですね。

img

学生の皆様へ

医薬品業界は日々、様変わりをしています。周囲で企業統合が起こったり、医療財政の見直しや景気に左右されることもあるでしょう。そんな中でも柔軟に対処できる人材が今後ますます求められるのではないでしょうか。自ら考え、行動を起こす姿勢を大切にしてほしいですね。様々な経験をしている人ほど、強いと思います。